アフターピルの飲み方
「コンドームが破れてしまった」「安全日を間違えていた」「中出しされてしまった」

そんな時にはアフターピルを服用しましょう。望まない妊娠をしてしまう前に、アフターピルを早めに服用することで妊娠を防ぎましょう。アフターピルは病院で処方してもらう他にも、個人で通販で購入できます。

この記事では、アフターピルの種類や飲み方について詳しく説明しています。

アフターピルの効果的な飲み方

飲み方は薬の種類によって違います。日本では「ヤッペ法」と「LNG法」の2種類があり、それぞれ使用する薬の種類が異なります。

ヤッペ法はプラバノール錠という薬を使用する緊急避妊方法で、まずセックス後72時間以内に2錠服用します。その後12時間が経過したら同じ薬をもう2錠服用します。プラバノール錠はもともと緊急避妊薬ではない薬を使用しているため、副作用が強く出てしまいます。2回目の服用も忘れてしまうと効果が薄れてしまうため、現在ではヤッペ法を使った緊急避妊はあまり行われておりません。

現在主流になっている方法が、LNG法です。主にノルレボ錠というアフターピルを服用することで避妊をします。この方法では、セックスの後すぐに服用すれば99%以上避妊ができることが特徴です。服用回数も1回で済むため、ヤッペ法に比べて簡単で効果が高い緊急避妊法として広まっています。

また、副作用が少ないことも特徴で、せっかく飲んだアフターピルをおう吐で吐き出してしまう心配が少ないのも安心です。現在、LNG法ではノルレボ錠というアフターピルを服用する方法が一般的です。

しかし、ノルレボ錠は値段が高いのがデメリットです。病院で処方してもらうと、検診費用も合わせて2万円程度はかかると言われています。しかも病院で処方してもらえるのは最低限の避妊ができる一回分のみです。アフターピルはもしもの為に常備しておきたい薬なので、通販で購入する方法もおすすめです。

アフターピルを飲んだ後は吐き出してはダメ

アフターピルを服用したあとは、最低でも2時間はおう吐で薬を吐き出さないようにしましょう。吐き気がひどいようでしたら、吐き気止めを服用しましょう。

服用後、大体3〜5日程度で生理と同様の出血があります。これは「消退出血」というもので、子宮内膜が剥がれたことによる出血です。消退出血は遅くても3週間以内には起こるはずなので、もし3週間経っても出血がない場合は妊娠している可能性があります。その場合は妊娠検査薬で検査をしてから念のため産婦人科を受診しましょう。

しかし、消退出血とは別に不正出血が起きている可能性もあります。排卵時に起こる出血であったり、受精卵が着床した時に起こる着床出血であったりする可能性もあるので、日頃からこれらの出血がある人は、アフターピル服用後の出血がどれに当たるのかをしっかり確認しましょう。不安な場合は病院へ行くことをおすすめします。

コンドームでの避妊が大事

アフターピルはあくまで緊急避妊薬です。アフターピルがあるからコンドームを付けずにセックスをしていいということではありません。妊娠を望まない場合は、必ずコンドーム等を使って避妊しましょう。途中でコンドームが破れてしまったり、何らかの事情で避妊ができなかったりした時の最終手段として考えましょう。

アフターピルは、なにかあった時にはすぐに服用できるように、常備しておくことをおすすめします。避妊に失敗してから通販で購入していては、72時間の服用時間に間に合いません。病院へ行けば診察代も高くつくため、予め通販で購入しておけば安心です。

アフターピルとは

アフターピルとは緊急避妊薬のことです。日常的に服用するピルとは違い、避妊に失敗してしまったセックスの後に服用します。

アフターピルは成分に女性ホルモンが含まれています。体内の女性ホルモンを急激に増やすことで排卵を抑制または遅らせることで受精をしにくくさせます。受精卵が支給に着床しないようにする働きもあります。

日本で最も多く服用されているアフターピルがノルレボ錠と呼ばれるもので、現在国内で認可されている唯一の緊急避妊薬です。

アフターピルは体内のホルモンバランスを崩すため、副作用が強いことが特徴です。主な副作用としては、下腹部の違和感や吐き気、気分が悪くなったりおう吐をしてしてしまう場合もあります。服用後2時間以内におう吐をしてしまうと、せっかく服用したアフターピルの効果がなくなってしまうので、我慢しなければいけません。

副作用はあるものの、後遺症は無く、今後の妊娠や出産にも影響はないと言われています。中絶手術をするよりも身体への負担は少ないので、もしセックス時に避妊に失敗してしまい、妊娠を望まない場合はアフターピルを早めに服用しましょう。